日記  リスト 

 pias by ROUTE3

ROUTE3
このポエムの朗読音声はありません。
表示数:43 / 感想コメント数:0 / 投稿日:2017/09/23 11:38:26

方と会えなくなったこの時がまた訪れてきたんだね
突然に会えなくなった貴方と過ごした最後の季節が巡って来たんだね
この季節 恋をした貴方
また1つ季節が巡り 新しい季節がやってきた
暗闇に映った顔が あの場所で過ごした出来事をそっと思い出させる
貴方とまた笑えるように 「そんな事もあったね」と笑いながら話せるように
この街で貴方を探して走った 貴方を探してこの街を走りつづけた 
貴方とつないだ手の感触は暖かくて優しくて嬉しいよ
元の二人には戻れないの? どうして貴方は去ってしまったの?何も言わずに
刹那の恋だと思っていた 
無くしてから気付いても遅いのに…今気付いた 本当に貴方を愛していた事を 
いまさら後悔しても遅いのに 切なくて
水に映る光が涙をそそる 貴方と(or2人で)歩いたこの橋の上 貴方と(or2人
で)歩いたこの街 
Therefore(だから)pias of me who parted from you is only one…(君と別れた僕
のピアスは一つだけ…)
ずっと見ていた…ずっと君が好きだった 僕じゃダメなのか?二人でいたあの時間
(とき)永遠に忘れることはないだろう
街の中の色とりどりの光 重ねあう唇
夜の街 街の光 月明かり 淡い光 街灯の下で君を抱きしめた、凍えないように強
く、壊れないようにやさしく 
そして再びあの街灯の下で君を想い 一人泣いていた 
もうやり直せないことはわかっているのに でも君を愛していたから 愛しているか
ら 愛し続けるから
僕は君を探して走った 君が幸せになれるのなら 僕が幸せにするから
あの街の君と二人歩いた道を一人さまよい続けた 一つだけになった(無くした)
piasを探して 無くした君を探して 
2つないと意味がないのに
もう一度…もう一度…もう君を悲しませたりはしないから…もう一度…一つに…手を
つないで…一つになろう…ずっと…ずっと…
暗闇を走り続けた 君と離れた冬は過ぎ また次の季節が巡りくる 花は咲き あた
たかい季節 希望の季節
君と出会ってから僕の心の中に溶けずにずっと積もっていた想いを雪とともに溶かし
ていこう ゆっくりと
僕も新しいpias(希望)を探して 歩いてゆこう 過去(後ろ)振り向かずに 雪は雨
へと変わり僕の

著作権所持者:ROUTE3さん
投稿者 ROUTE3さんのコメント

吐露


 [ 現在の感想件数:0 ] 

  

 [感想を書く]
ログインするとコメントを投稿できます。
利用規約に反する書き込みはご遠慮下さい。
違反と判断される内容は予告無く削除する場合があります。



 

MEMBERSサイト

YUICHI OTA MUSIC HP
メンバーサイトBY YUICHI
クリック
RIRUKU MUSIC HP
メンバーサイトBY RIRUKU
クリック
FOX BLOG
メンバーブログBY FOX
クリック

関連サイト

K-STYLE
無料MPプレーヤならここ
クリック
© 2012 Only My Music. All rights reserved.