日記  リスト 

 【アカペラ】八月 by マンボウ

マンボウ


自分のプレーヤーで再生
表示数:37 / 感想コメント数:0 / 投稿日:2018/08/15 00:12:58

喉を踊る 渇いた歌
明け透けに独りごちて

畦を通る ぬるめの風
当て付けに黙り込んで

ささやかな うねりの中で
微笑みを忘れて
落ちてきた 光の色を
夢に重ねて

翳した 手のひら 指の隙間からこぼれる
太陽が命を攫って
焦がれた 八月 猫背の影法師 並んで
宛ても無く 歩いてく
昨日までの日々 求めて


空を過る 鉛の鳥
焼き付ける事も飽きて

わがままな 時代の奥の
ぬかるみに塗れて
錆びていく 痛みの意味を
夏に例えて

無邪気な 背伸びや 麦わら帽子に伴う
美しさ それすら離れて
爛れた 八月 夜風が吹くように 祈って
何気無く 眠りたい
潤む瞳 ただ擦って


笑えなくても
洗えなくても
生きている ただそれだけで


いつしか あの日が 淡い涙にてこぼれる
そんな頃 命が巡って
さざめく 八月 幼い影法師 並んで
光る夏 紡いでく
明日からの日々 想って

著作権所持者:マンボウさん
投稿者 マンボウさんのコメント

八月十五日ということで。
小学生時代、図書室に置いてあった「はだしのゲン」が怖すぎて、一時期学校に行けなくなった豆腐メンタルの僕ですが、おかげでいい意味で「平和」だとか「戦争」という言葉に敏感になれた気がします。
風化させないようにしたいですね。


……っていうか……めちゃくちゃ連投すみませんーーーー!!(>_<)


 [ 現在の感想件数:0 ] 

  

 [感想を書く]
ログインするとコメントを投稿できます。
利用規約に反する書き込みはご遠慮下さい。
違反と判断される内容は予告無く削除する場合があります。



 

MEMBERSサイト

YUICHI OTA MUSIC HP
メンバーサイトBY YUICHI
クリック
RIRUKU MUSIC HP
メンバーサイトBY RIRUKU
クリック
FOX BLOG
メンバーブログBY FOX
クリック

関連サイト

K-STYLE
無料MPプレーヤならここ
クリック
© 2012 Only My Music. All rights reserved.