日記  リスト 

 ☆ 新・その女(レディー)紫陽花の花かんざしであり ☆  カテゴリー:ネタ


dagg
このトークの音声はありません。
表示数:274 / 感想コメント数:15 / 投稿日:2017/06/14 19:43:20

Taste of Honey(蜜の味)な女のInvitation(招待)から始まるFantasy story(空想・想像)を展開してゆく、中年男が追い求める夢と浪漫あふれる≪特上ネタ≫
菅仁一郎はその美しい蜜がわき出ると言う竜宮城にたどりつけ、衝撃のラストを迎えるのか?
はたまたスカシのラストシーンになってしまうのか?
ついに完結!

=今までのあらすじ=

大阪・難波での打ち合わせを終えて、東京に着くまでに書類をまとめようとPCを立ち上げたのだが、なぜか誤作動を繰り返すMyPC。
時刻通りに新大阪を出発する新幹線「のぞみ」の車内でのことであった。
PCの誤作動画面にざわめくMy♡。
たまにしかない関西出張の帰り そして予定フリーの明日からの一週間

誘いに乗らなきゃ男じゃない!

PCの誤作動は美しいレディ-との出逢いを求めて旅を続ける旅人・菅仁一郎の心を映し出したのだろうか?
それともディスティニー(運命・宿命)の道標か?
そんなことは今はどうでもよかった・・

「飲み、いくわよぉ~」

いよいよ宵宵山・宵山の日が近づいてき古都・京都。

私は鉾内(ほこない)を見物できるブースにいますから・・

「紺に黄色の花柄の浴衣に黄色の帯を締め 帯の後ろに丸団扇を指し 髪には紫陽花の花かんざし 172cmの長身ですぐ判るはず」
声をかけてくれたら”雅な微笑み返し”で虜にしますから。

こんな優美な誘いに仁一郎の♡は踊っていた。

仁一郎はは新幹線の車内で書いたメモをとりだし決心をするのであった。
和服の女性をみかけたらサラッと長身かを見極め、その女(レディー)紫陽花の花かんざしでありならば「飲み、いくわよぉ~」と声をかけようと・・
”雅な微笑み返し”をしてくれたらそれは仁一郎ののPCにInvitationのように現れた女ということになる。

  吉幾三(よし、いくぞぉ~!)と歩きだした。その時である・・

濃紺の浴衣に黄色の帯を締め、帯の後ろには丸団扇が指してあり、な・なんと”紫陽花の花かんざし”を付けた長身のレディーが・・
胸は小さそうだが・・

◎アリナミンA・・きっと、みえちゃん
◎チョコラB・・・きっと、ひめこ姉さん
◎オロナミンC・・きっと、yuuzuki姉さま

著作権所持者:daggさん
投稿者 daggさんのコメント

q


 [ 現在の感想件数:15 ] 

daggさんのコメントコメント日時:2017年06月14日19時52分
◎アリナミンA・・きっと、みえちゃん
◎チョコラB・・・きっと、ひめこ姉さん
◎オロナミンC・・きっと、yuuzuki姉さま
◎リポビタンD・・きっと、nikoさん

素足に黄色い鼻緒の下駄を履き、磁石がボクを引きつけるように、このレディーは仁一郎にマイクを向けてきた・・

☆どちらからいらしたんですか?

★千葉は柏市からなんですがぁ~

☆カシワノカシワ二で有名ですよねぇ~
 お祭、楽しんでくださいね・・
 またあとで・・

何と、このレディーは別れ際に”雅な微笑み返し”に”ウインク”をして人並みに流れて立ち去って行ったが ”またあとで” とはどう言うことなんだろう?
期待させときながら「知~らない」って言われそうな気もするけれど、いや、あの”微笑み返しとウインク”も何だったんだろう・・

もう、京都のレディーは奥が深い!


daggさんのコメントコメント日時:2017年06月14日20時10分
チョッと長くなってしまったが、ここまでが☆その女(レディー)紫陽花の花かんざしであり☆の ”あらすじ” でした。
いよいよ本編の開演!
ここで果汁1%のメロンカルピスを呑む(好きなんよぉ~
あッ、これだけは打ち込んでおかないと・・

=読者の声=

○菅 仁一郎、なにやってるの~
 中年の星も、形なしで闇夜に消えた流れ星・・ご愁傷さま。

○大量のスペルマを発射しちゃって本懐も遂げられず主役は交代。
水琴窟のおじさまと交代すれば?

○そんな気がしてたんだ・・
 優息だったことはあるの?信じられな~い!

○仁一郎さん、ガ・ン・バ。めげないで・・
      ~喫茶・”ほのか”のママ

○仁ちゃん、次があるから
      ~ハマのレディーひめ〇


daggさんのコメントコメント日時:2017年06月14日23時18分
では、そろそろ本編の開演と言うことで・・

=開演です=
第1部1章・天は我を見捨てたのか ~その1

ステキねステキ、ステキねステキ。
菅仁一郎は自分の唄「ステキネマン」のテーマソングを歌いながら、赤坂見附の「居酒屋・今」の暖簾をくぐるのであった。
居酒屋・今のママさんは辰巳芸者をしていた鼻筋の通った、そう天海祐希のような人で姫奴(ひめやっこ)姉さんと呼ばれていた。

☆あ~らぁ~仁さ~ま、お久しぶり

★奴(やっこ)ママさん、久しぶり。
 1年ぶりになるのかなぁ~ 奴ママに逢えるのは・・

☆京都では大変な目にあったんだってねぇ~
 風の噂で聴いたわよ、仁さまと京の陰陽師・阿倍清明(あべのせいめい)
 とのやり取りを・・



daggさんのコメントコメント日時:2017年06月15日18時19分
=第1部1章・天は我を見捨てたのか ~その2=
仁一郎の回想~

ちょうど1年前の6月のことであった。
仁一郎が大阪出張の時の物語で、TVにも良く出てる大阪道頓堀の戎橋(えびすばし)を歩いている時のことであった。

歳の頃なら27~8歳の美形の女性から声をかけられた仁一郎・・

☆街頭調査をしているのですが、よろしいですか?

★ボクで良かったら構わないけど・・

☆どちらからおいでになった方ですか?
 大阪の人ではないなぁ~ と思い声をかけたのですが・・

★ボクは千葉県は柏から出張で大阪に来てるんですが、明日帰り〼。

☆柏の方ですか・・
 あのデュオソング「柏の男(ひと)浜田山の女(ひと)FURIMUKANAIDE」
 の柏からですか?

★よくご存じで・・
 詞もいいけど、台詞もGoodで曲はGの線、大阪でも流れていますか?


daggさんのコメントコメント日時:2017年06月15日18時20分
★よくご存じで・・
 詞もいいけど、台詞もGoodで曲はGの線、大阪でも流れていますか?

☆流れていますよ・・
 質問なのですが、戎橋の由来をご存知ですか?
 その調査のアンケートを採っているんです・・

★知っていますよ。
 今宮戎神社にお参りする参道であったことから付けられたんですよねぇ~
 今宮戎神社(いまみやえびす)は商売繁盛の神様「えべっさん」で有名
 合っていたかなぁ~

☆ピンポ~ンです。

全国を旅してる仁一郎には、それなりのウンチクに能書きの講釈までが頭に叩き込んであるのであった。

☆帰りも、この戎橋を通って行く時、また逢えたらお茶しませんか?

★はい!
 2時間後ぐらいにここ、戎橋を通ると思います。
 逢えたらお茶しましょう・・

~仁一郎・心の声~
イェ~イ、ヤンヤヤンヤ・・

誘いに乗らなきゃ男じ


daggさんのコメントコメント日時:2017年06月15日18時22分
~仁一郎・心の声~
イェ~イ、ヤンヤヤンヤ・・

誘いに乗らなきゃ男じゃない←二度目です

胸弾ませ、心躍る仁一郎の姿がそこにあった。
千葉の名産「落花生」は ”はんだち” が1番、ボクの名刀←あっ、間違えちゃったわぁ~
名刀違いの ”迷刀” だったんだわぁ~
妖刀(ようとう)と呼ばれていたボクのフェルナンデス・・
何人もの女性がボクの下から・上から歓喜の声をあげていたなぁ~

独り悦に入った仁一郎・・
これから起こる物語の序章が遂に口を開いてしまったのである。


daggさんのコメントコメント日時:2017年06月16日14時59分
=第1部1章 天は我を見捨てたのか ~その3=
二時間後のことである。
ナンパ橋との異名を持つ戎橋(えびすばし)で街頭調査をしている、歳の頃なら27~8歳の美形でスレンダーな娘と再会。
彼女は、外人さんと何かを話しているではないか・・

それもBritishのking Englishであった。

彼女も仁一郎に気付き、目で合図・・

~仁一郎のつぶやき・・
ん・・ これは何とかなるかも?

二人は難波駅より地下鉄御堂筋線に乗り梅田に出るのであった。

仁一郎が連れていかれた処は ”阪急グランドビル内にあるパパミラノ” と言うイタリアンで粋なお店であった。
梅田駅すぐの27階からの大阪市街を一望できる眺望抜群のロケーション。煌く夜景は最高のもてなしであった。

う~ん、この娘はボクに「ホの字」のような気もするけれど、きっとそうに違いない?


daggさんのコメントコメント日時:2017年06月16日15時01分
う~ん、この娘はボクに「ホの字」のような気もするけれど、きっとそうに違いない?
仁一郎の悪い癖・・
≪その気≫にさせたこともあるが、自分だけは即≪その気≫になってしまう癖なのであった!

窓際の席が用意されて、キャンティーの赤ワインがボトルで・・
チーズとドライトマトが運ばれてきた。
彼女はギャルソンに、食事の時は呼びますからと、ひと言ふた言、話していた。
一応、自己紹介も済ませ、楽しい談笑になって行った・・

☆仁一郎さんのお仕事は・・
 サラリーマンには見えないけれど?

★ボクの仕事は旅人、日本各地を廻ってるただの旅人なんですよぉ~

☆わぉ~
 それなら、うっとこと同じじゃないですかぁ~

★ゆりちゃんで、東京の人だよねぇ~

この美形でスレンダーな女性の名は 樋口ゆり 今年で三十路を迎えると言っていたが、25~6歳でも通用する大人


daggさんのコメントコメント日時:2017年06月16日15時02分
この美形でスレンダーな女性の名は 樋口ゆり 今年で三十路を迎えると言っていたが、25~6歳でも通用する大人の女性であった。

☆生まれは東京なんですが、うちのボスに付いて来て今では京都に住んでいます。
 うっとこの会社は企画会社で、仁一郎さんと同じようなことをしてるはず・・

★そうか、ゆりちゃんは京都人だったんだぁ~

~仁一郎の回想・その2

ボクの頼んだツーフィンガーの山崎のウイスキーの丸氷が何かイヤラシイ光を帯びてきた・・
それにしてもこの花かんざしの娘のうなじは美しい・・
髪型をアップにすればもっと見栄えがするはずなのに、この花かんざしの娘の髪型はミディアムショートで、顔も小さく眉毛はキリットしていて目鼻立ちが通った素敵な娘であった。
ボクが”うなじフェチ”と言うこともあるが、この娘になら何をされてもボクは文句を言わない・・
ネールアートもしてい


daggさんのコメントコメント日時:2017年06月16日15時03分
ネールアートもしていなく、マニキュアだけを塗ってある清楚の感じがするレディーであった。
あ~ぁ、撃沈である。
何でボクってこの手の娘には弱いんだろう?
突撃ラッパは鳴り響いているのに、千葉の柏の住民は奥手が多いんだ。
いつもの元気はどこえやら、ボクの暴れん棒将軍も花かんざしのうなじの綺麗なレディーには形なしであった。
こんなはずではないのに、どうしよう!

そう、仁一郎は長身で美形な京都の女性にはメッポウ弱かったのである。思い起こすと、あれは祇園祭の時であった。

         ~話が長くなってしまうので中略

★ボクの知り合いに四条河原町で会社を興した娘がいるんだけど・・
 その娘も職員の人たちにボス・ボスと呼ばれていたなぁ~

☆わぉ~
 仁一郎さん、うっとこの会社も四条河原町にあるんよぉ~
 そのボスと言われる方の名前は判りますか?


daggさんのコメントコメント日時:2017年06月17日01時54分
★知ってるけど・・
 今でも月に2~3度のmailをしてるけど!
 今は東京の杉並の浜田山の住人でsaegusa mieちゃんと言う娘なんだけど?

ゆりは呑んでいたワインを思わず吹き出してしまった・・

☆も~う、知~~らない!
 仁一郎さん、あなたが言ったsaegusa mieは、うっとこのボスよぉ~

★え~~ッ
 ボクの知ってるmieちゃんは青学出身で、京都は嵐山の旅館の娘だけど
 あのmieちゃんが、ゆりちゃんのボスだったなんて・・
 え~~ッ、ホント!
 じゃあ、恵美ちゃんも玲ちゃんも、ゆりちゃんとこの娘なんだ・・

☆わぉ~~
 仁一郎さんは、恵美から玲子のことまで知ってるの?

★知ってる、知ってる・・


daggさんのコメントコメント日時:2017年06月18日21時07分
=第1部1章 天は我を見捨てたのか ~その4=

★知ってる、知ってる・・

☆あっ、そうなのネェ
 ボスも、私のことは何にも言ってなかったのネェ(ゆり、悔しがる

★そう言えばmieちゃん、ゆりちゃんのことを話してくれてたかも知れない。
 うちの会社でNO2の娘はイケイケの娘だって・・(仁一郎、冷や汗

☆じゃあ、NO1の人って誰なのかしら?

=★=
それは、やっぱしmieちゃんでしょう・・(仁一郎、二度目の冷や汗

ゆりちゃん、ボクは明日から1週間openなんだけど、京都の街を散策したいと思ってたんだけど、京の街をガイドしてくれないかなぁ~

☆NO1のボスに頼んだら!

★いや、ボクはmieちゃんより、ゆりちゃん 貴女にガイドしてもらいたい。
 戎橋でゆりちゃんに出逢えたのも、何かの縁・・
 ”二人の大阪”もいいけれど ”京都の恋”


daggさんのコメントコメント日時:2017年06月18日21時09分
★いや、ボクはmieちゃんより、ゆりちゃん 貴女にガイドしてもらいたい。
 戎橋でゆりちゃんに出逢えたのも、何かの縁・・
 ”二人の大阪”もいいけれど ”京都の恋” もしてみたい。

=☆=
わぉ~
仁一郎さん、私のことをイケイケと言っておきながら、ご自分がイケイケじゃないですか?
千葉名産の ”落花生” は「はんだち」と言う新種から摂れるのが1番と言いながら、柏の人はオクテが多いと言ってるんでしょう?

=★=
さすが、ゆりちゃん。
良く知ってたねぇ~ 日本1の落花生は「はんだち」粒も大きくて、確かに旨いピーナッなんだ・・
ピーナッって、すぐ半分に割れるだろ、頭にポッチが付いてる方が男で、無いのが女なんだって。
ゆりちゃん、知ってたぁ~

☆わ~ぁ仁一郎さん、変な連想していない・・

★ぜ~~んぜん。

仁一郎は、あと一押しで 樋口ゆ


daggさんのコメントコメント日時:2017年06月18日21時10分
☆わ~ぁ仁一郎さん、変な連想していない・・

★ぜ~~んぜん。

仁一郎は、あと一押しで 樋口ゆり が落ちるだろうと、勝手に解釈。
今は「半落ち」ぐらいの状態かも・・ と、勝手に想像する仁一郎であった。
この後、自分の身に悲劇が起ろうとは・・
知っているのは、作者と紫陽花の花かんざしのlady・mieの二人だけかも知れないのに。


さんのコメントコメント日時:


  

 [感想を書く]
ログインするとコメントを投稿できます。
利用規約に反する書き込みはご遠慮下さい。
違反と判断される内容は予告無く削除する場合があります。



 

MEMBERSサイト

YUICHI OTA MUSIC HP
メンバーサイトBY YUICHI
クリック
RIRUKU MUSIC HP
メンバーサイトBY RIRUKU
クリック
FOX BLOG
メンバーブログBY FOX
クリック

関連サイト

K-STYLE
無料MPプレーヤならここ
クリック
© 2012 Only My Music. All rights reserved.